ダスキン岸和田の一年

1日の流れ「ミスタードーナツ事業」

笑顔のミスタードーナツ(2店舗)
こんにちは、ミスド担当の有元です。
ダスキン岸和田では、2店舗のミスタードーナツを経営しております。人に関わる接客、緻密なマネジメント、本気でお仕事をするとホント面白い!
私がミスタードーナツの1日をご説明させていただきます。

お仕事の流れ

  • 準備

    朝のMTG
    朝のミーティングです。衛生が一番!服装の乱れ、店内のチェックを重点に本日の予定を共有いたします。
    製造開始
    オープン前に約20種類、約350個のドーナツを準備します。ひとつひとつ丁寧に、もちろん美味しく心を込めての手作りです。
    陳列
    おいしそうに陳列いたします。この並べ方によって売上げも変わるんです。考えながらの陳列は日々勉強です。
  • オープン

    接客
    笑顔が一番。いろいろなお客様との接客は楽しいです。「また来たよ」ってお客様からお声をいただくと、ホント嬉しくなります。
    マネジメント(教育・指導)
    「出来ないのではなく、やり方がわからない」ひとりひとりの良い点を引き出し、悪い点はチームでサポート。しっかり勉強して、教育させていただきます。
    マネジメント
    (シフト管理など)
    シフト管理は重要です。忙しい時と忙しく無い時を見極めてパート・アルバイトさんのシフトを作成します。パズル状態のときもありますが、みんなが楽しく働くことが出来るように工夫します。
  • 閉店後

    清掃
    隅々まで丁寧にお掃除をします。毎日、手を抜かずに行うことがキレイを保つ秘訣ですよね。
    明日の戦略
    1日のまとめです。ドキドキの1日売上げが判明いたします。
    実は・・ここからが楽しい時間です。
    明日の天気や社会の状況、もちろん売上げ傾向をみて、「どのドーナツをどのくらい作ろうか?」という明日からの戦略を考えます。
    帰宅
    帰宅時間はきっちり守る。ダスキン岸和田では就業時間できっちり帰ることが目標です。

担当者の声

有元 正
ミスタードーナツ事業へのきっかけ
2016年春に堺市鉄砲町に出来たイオンモール内に新しく店舗を出すことになりました。複数店舗のマネジメントが必要となり、その任務が私に・・・
この仕事で一番嬉しかったこと
ドーナツの製造計画と、販売数がピッタリに合った時は最高に嬉しいです。
もちろん、お客様からのお声がけもです!
このお仕事をして気づいた「私」の発見
今まで、自分は「先を読む」とか「計画立案」は苦手と思いっていましたが、実は「大好き!」なんだと感じてきました。良いも悪いもしっかりと結果がでるので、やりがいがあります。
最後に
売上げはチームワークだと思います。このお仕事は一人では全く出来ません。
お客様に笑顔になっていただくには、ミスドチーム全員の一体感が必要だと思います。

まとめ

丸い“わっか”を二人でわけよう

昔、ドリカムがミスドのタイアップ曲を歌っていました。その中のフレーズ「丸い“わっか”を二人でわけよう。もう何年も不動のベストワンに君臨しているオールドファッション」っていうのが印象にのこってました。良いとおもいませんか?ほのぼのとしていますよね。 まさか、自分がミスタードーナツのマネジメントを行うとは思いませんでしたが、大好きなフレーズがピッタリ合うような店舗作りとチーム作りをしたいと思います。